■活動報告(バックナンバー)

○平成26年度 堤丘小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第7回目は、1月19日に城南区の堤丘小学校で開催しました。
 開会式では、中秋校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、5年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童43名は3グループに分かれ、マイ箸づくり、キーホルダーづくり、美容技術などを体験しました。

○マイ箸づくり
 最初に、講師から木の性質等について説明を受け、カンナ掛けに挑戦です。児童たちは自分でやって難しさが分かり、作業がなかなか進みませんが、講師の指導で徐々に慣れ、最後には、家族の分までマイ箸が完成しました。
(児童の感想:さいしょはむずかしくて大変だったけど、なれていくとすばやくできました。気をつけることは、けずる順番と、ガサガサしていたら、ほうこうをかえること。まちがいもあったけど、たのしい体験ができてよかったです。)

○キーホルダーづくり
 銀のプレートに自分の名前と生年月日を刻印する細かい作業の繰り返しです。講師からの手ほどきを受けながら慎重に彫り進め、他にない自分だけのオリジナルキーホルダーが出来上がりました。
(児童の感想:細かくてすごくむずかしかったけど、すごく楽しかったです。特に、自分でデザインして作るのが楽しかったです。作ったキーホルダーは、さっそくなにかにつけて大事にします。)

○美容技術体験
 「パーマのロッド巻き」と「ヘアーアレンジ」を体験。ロッド巻きの難しさに戸惑う児童や、美容師に必要なものは「スピード」と知り驚く児童の姿がありましたが、この体験を通じ将来の夢が美容師になるなど、人気の高い講座でした。
(児童の感想:美容師について色々なことを知ったりできてとても勉強になりました。特に、仕事をすることの大切さや大変さがよく分かりました。わたしは今日の体験で美容師になりたいと思いました。)

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度堤丘小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。
 以上で、平成26年度の「ものづくり体験講座」はすべて終了しました。

                                   記

1、日 時 平成27年1月19日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 堤丘小学校(中秋 貴雄校長)
          (住所:福岡市城南区堤1丁目16−1)

3、対 象   43名(5年生)

4、体験内容  マイ箸づくり、キーホルダーづくり、美容技術体験

5、講 師
・福岡市家具工業会
 住永 謙一、藤  孝幸、楢崎 喜文、進藤 和典、松尾 栄治、山下 広己
・福岡市貴金属工芸組合
 大嶌 政隆、常岡 福則、前ア 享一、丸山 尊祿
・福岡県美容生活衛生同業組合
 杉本 優佳、松尾  好、木元 将臣、野中 裕史

      
          開会式                   開会式 (校長挨拶)                開会式(会長挨拶)

      
       開会式(講師紹介)                 家具 マイ箸づくり                家具 マイ箸づくり

      
       美容 ロッド巻き体験               美容 ロッド巻き体験           貴金属 シルバーキーホルダーづくり

      
  貴金属 シルバーキーホルダーづくり             閉会式(会長挨拶)              閉会式(講師講評 家具)

   
     閉会式(講師講評 貴金属)             閉会式(講師講評 美容)

○平成26年度 室見小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第6回目は、12月1日に早良区の室見小学校で開催しました。
開会式では、洞校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童119名は6グループに分かれ、和食づくりやミニ畳づくり、障子貼りなどを体験しました。

○和食づくり
 最初に、和食の特長や多彩な包丁など、和食の基本について説明を受けたあと、児童は数名ずつのグループに分かれ、肉じゃがづくりに挑戦です。講師から乱切りなどの手ほどきを受けながら、おいしそうな肉じゃがが出来上がりました。
(児童の感想:にんじんは、ななめに切った方が味がしみこみやすいとか、じゃがいもは、はしを切ってからむくとむきやすいなど、これから使えることを学びました。また、おすいものがおいしい所は、たいがいその店の味つけはおいしいということがわかりました。)

○障子貼り体験
 表具の歴史や木と紙の性質について学んだ後、古い障子紙をはがし綺麗に洗ってから、いよいよ初めての障子貼り体験です。糊のつけ方、紙の貼り方など、講師から細かい作業の指導を受けながら、障子貼りを体験しました。
(児童の感想:あたり前のように見ている障子も職人の大変な作業をしているので感しゃしなければいけないと思います。障子は最近「無形文化遺産」にも登録されているので、大切にしていかなければいけないし、江戸時代以上前からも伝わっているので、その大切な文化も受けついでいきたいです。)

○ミニ畳づくり
 「畳の手縫い」と「ミニ畳づくり」を体験。畳の手縫いでは、道具の使い方や針使いの難しさを自ら体験。ミニ畳づくりでは、講師の指導のもとで花瓶などを飾る小さな畳を縫い上げ、それぞれに持ち帰りました。
(児童の感想:新しい家のゆかがフローリングでも、日本人なら畳をどこかに求めるはずです。伝とう的な事を、未来へつなぐ事も大切だし、その中で、少しずつ新しくなっていく事も大事だと思いました。)

○マイ箸づくり
 最初に、講師から木の性質等について説明を受け、カンナ掛けに挑戦です。児童たちは自分でやって難しさが分かり、作業がなかなか進みませんが、講師の指導で徐々に慣れ、最後には、家族の分までマイ箸が完成しました。
(児童の感想:思ったより難しい体験でしたが、だんだんやっていくうちに、はしの作る感かくをおぼえました。こんなきちょうな体験は初めてなのでうれしかったです。楽しすぎて休み時間も使ってけずったり、みがいたりしました。)

○印鑑づくり
 最初、講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けた後、石に鉄筆で自分の名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの自分の印鑑が出来上がりました。続いて、自宅でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりにも挑戦しました。
(児童の感想:実際に体験するという、こんな機会はあまりないのできちょうな体験でした。今、手で作らず、機械で大量生産するということが増えているそうです。なので後継者も減ってきているようです。ぼくは印章作りの技術に興味をもちました。だから、将来、大人になったら印章を作る職人になってみようかなと思いました。)

○理容技術体験
 最初、講師から理容の道具とその使い方について説明を受けた後、マネキンを使って、みつあみや、アイロン・バリカンの使い方を一人ひとりが体験。将来の夢が理容師という児童も多く、熱心に取り組む姿がありました。
(児童の感想:私の将来の夢は美容師になることなので、今日のことを生かして、たくさんのいろんなことを勉強して、美容師になれるようにがんばりたいです。)

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度室見小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。
 次回(第7回)は、城南区の堤丘小学校です。(平成27年1月19日開催)

                                   記

1、日 時 平成26年12月1日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 室見小学校(洞 俊行校長)
          (住所:福岡市早良区室見3丁目3−1)

3、対 象   119名(6年生)

4、体験内容  和食づくり(肉じゃが、かき玉汁)、障子貼り体験、ミニ畳づくり、マイ箸づくり、印鑑づくり、理容技術体験

5、講 師
・福岡県調理師連合会
 小西  登、橋口 覚浩
・福岡表具師協会
 安藤 征夫、井浦  巖、合屋 善克、吉富 清登
・福岡県畳工業組合 福岡地区連合会
 都地 隆幸、柳田 幹生、奥川 俊平、緒方 孝徳
・福岡市家具工業会
 住永 謙一、進藤 和典、小島 任貴、楢崎 喜文、山下 広己、松尾 栄治
・福岡市印章業組合
 上村 利成、須古井 一彦
・福岡市理容連絡協議会
 鶴岡 達二、宇都宮まどか、徳永 純子

      
          開会式                   開会式 (校長挨拶)                開会式(会長挨拶)

      
      開会式(児童代表挨拶)              和食(肉じゃがづくり)                和食(肉じゃがづくり)

      
      和食(肉じゃがづくり)                和食(肉じゃがづくり)               和食(肉じゃがづくり)

      
       和食(肉じゃがづくり)                和食(試食タイム)                表具(障子貼り体験)

      
       表具(障子貼り体験)               表具(障子貼り体験)                表具(障子貼り体験)

      
      畳(本畳手縫い体験)                 畳(ミニ畳づくり)                  畳(ミニ畳づくり)

      
        畳(ミニ畳づくり)                家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)

      
      家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)                 印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)

      
      理容(理容技術体験)                理容(理容技術体験)               理容(理容技術体験)

      
      理容(理容技術体験)               閉会式(講師講評 和食)              閉会式(講師講評 表具)

      
      閉会式(講師講評 畳)               閉会式(講師講評 家具)             閉会式(講師講評 印章)


   
      閉会式(講師講評 理容)            閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成26年度 城浜小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度 第1回目は、9月4日に東区の城浜小学校で開催しました。
開会式では、森校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童29名は2グループに分かれ、畳の手縫いと印鑑づくりを体験しました。

○畳手縫い
 畳の手縫いの実技指導で、畳の下上に針を通す難しさを体験したあと、各自ミニ畳づくりに挑戦。講師の指導を受けながら、花瓶などを飾る小さな畳の台が出来上がりました。

○印鑑づくり
 講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けたあと、石に鉄筆で自分の名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦。難しい作業に何度も取組み、世界に一つだけの印鑑が出来上がりました。また、家でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりにも挑戦しました。

 閉会式では、師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度城浜小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第2回)は、博多区の東月隈小学校です。(平成26年9月9日開催)

                                   記

1、日 時    平成26年9月4日(木)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立城浜小学校(森 宏介校長)

3、対 象   29名(6年生)

4、体験内容  畳手縫い実演、ミニ畳づくり、印鑑づくり

5、講 師
・福岡県畳工業組合 福岡地区連合会
 宮崎 武博、井上 隆志、国崎 豪士、笠 大祐
・福岡市印章業組合
上村 利成、小金丸 泰郎

      
       開会式(校長挨拶)                 開会式(会長挨拶)                 開会式(講師紹介)

      
      開会式(児童代表挨拶)                印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)         印章(印鑑づくり)東区の尾花議員が見学に見えました

      
     畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)            畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)            畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)

      
     畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)            畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)            畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)

      
     畳(畳縫い体験・ミニ畳づくり)               閉会式(会長挨拶)                閉会式(校長挨拶)

      
      閉会式(講師講評 印章)              閉会式(講師講評 畳)             閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成26年度 東月隈小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第2回目は、9月9日に博多区の東月隈小学校で開催しました。
開会式では、入江校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童97名は4グループに分かれ、和裁小物、和菓子、掛け障子、印鑑づくりを体験しました。

○和裁小物づくり
 日本の伝統文化である和裁について説明を受けた後、札入れづくりに挑戦。実際にやってみると、針の扱いに苦労している児童もいましたが、時間内に、それぞれ生地の柄を生かした札入れが出来上がりました。
(児童の感想:布一枚で、札入れができるなんて思っていませんでした。)

○和菓子づくり
 和菓子の材料と作り方の説明を受けた後、わらび餅づくりに挑戦。みんなで協力して力を合わせ、わらび餅が出来上がりました。続いて、ロールケーキとマドレーヌづくりにも挑戦しました。最後は全員で試食しました。

○掛け障子づくり
 最初、カンナとノコギリの使い方を体験し、続いて、掛け障子づくりに挑戦。パーツの組立て方やカナヅチの安全な使い方など、講師から細かい作業の指導を受けながら、最後は、立派な掛け障子が出来上がりました。
(児童の感想:カンナで木をけずったり、ノコギリで木を切ったり、いつもは体験できないことを体験して、とても勉強になりました。)

○印鑑づくり
 最初、講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けた後、石に鉄筆で名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの自分の印鑑が出来上がりました。続いて、自宅でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりに挑戦しました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度東月隈小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第3回)は、南区の西長住小学校です。(平成26年9月16日開催)

                                   記

1、日 時    平成26年9月9日(火)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 東月隈小学校(入江誠剛校長)
          (住所:福岡市博多区東月隈4丁目17−1)

3、対 象   97名(6年生)

4、体験内容  和裁小物づくり(札入れ)、和菓子づくり(わらび餅、焼き菓子)、掛け障子づくり、印鑑づくり

5、講 師
・一般社団法人 日本和裁士会福岡県支部
 板谷 幸和、荒巻 倫代、生津 春代
・福岡市菓子協同組合
 長末 光正、植垣 佳和、秋丸 剛一郎、山下 多美子
・福岡市建具工業組合
 新内 一秋、小野原 三幸、紐本 敏春、小峠 博行、福田 孝明
・福岡市印章業組合
 上村 利成、宮崎 強、須古井 一彦

      
          開会式                   開会式 (校長挨拶)                開会式(会長挨拶)

      
       開会式(講師紹介)               開会式(児童代表挨拶)                和裁(札入れづくり)

      
       和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)

      
       和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)               和菓子(わらび餅づくり)

      
      和菓子(わらび餅づくり)              和菓子(わらび餅づくり)             和菓子(ロールケーキづくり)

      
     和菓子(ロールケーキづくり)              和菓子(試食タイム)               建具(手ノコひき体験)

      
      建具(かんな削り体験)               建具(掛け障子づくり)               建具(掛け障子づくり)

      
      建具(掛け障子づくり)                 印章(印鑑づくり)                印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                   閉会式                   閉会式(講師講評)


    閉会式 (児童代表お礼のことば)

○平成26年度 西長住小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第3回目は、9月16日に南区の西長住小学校で開催しました。
開会式では、中村校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童51名は3グループに分かれ、和裁小物づくりや障子貼り、博多人形絵付けを体験しました。

○和裁小物づくり
 日本の伝統文化である和裁について説明を受けた後、札入れづくりに挑戦。実際にやってみると、針の扱いに苦労している児童もいましたが、時間内に、それぞれ生地の柄を生かした札入れが出来上がりました。
(児童の感想:ふだん和について知ったり、考えたりしないので、いい体験ができました。この体験をわすれずに、将来につなげていきたいです。)

○障子貼り体験
 表具の歴史や木と紙の性質について学んだ後、古い障子紙をはがし綺麗に洗ってから、いよいよ初めての障子貼り体験に挑戦です。糊のつけ方、紙の貼り方など、講師から細かい作業の指導を受けながら、障子貼りを体験しました。
(児童の感想:今回の体験で、ていねいにすることや真剣にすることの大切さをあらためて知った。)

○博多人形絵付け体験
 講師の指導を受けた後、一人ひとり、素焼きの博多人形に絵付けをします。絵の具を混ぜて色づくりをし、細かい筆使いに苦労しながらも、それぞれ個性豊かな羊の博多人形が出来上がり、ものづくり体験講座の記念品となりました。
(児童の感想:私は目立ちたがり屋だから、羊の毛の色をレインボーにしました。先生から「オリジナリティがあるね」と言われて嬉しかった。)

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度西長住小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第4回)は、西区の福重小学校です。(平成26年10月6日開催)

                                   記

1、日 時    平成26年9月16日(火)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 西長住小学校(中村滝子校長)
          (住所:福岡市南区西長住1丁目9−20)

3、対 象   51名(6年生)

4、体験内容  和裁小物づくり(札入れ)、障子貼り体験、博多人形絵付け体験

5、講 師
・一般社団法人 日本和裁士会福岡県支部
 齋藤 雅彦、濱田 直江、坂本 浩子
・福岡表具師協会
 安藤 征夫、井浦 巌、吉富 清登、倉谷 知恵子
・博多人形商工業協同組合
 中野 浩

      
       開会式(校長挨拶)                 開会式(会長挨拶)               開会式(講師の皆さん)

      
      開会式(児童代表挨拶)               和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)

      
       和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)                和裁(札入れづくり)

      
       和裁(札入れづくり)               表具(障子張替え体験)               表具(障子張替え体験)

      
      表具(障子張替え体験)               表具(障子張替え体験)              表具(障子張替え体験)

      
      表具(障子張替え体験)               博多人形(絵付け体験)              博多人形(絵付け体験)

      
      博多人形(絵付け体験)               博多人形(絵付け体験)              博多人形(絵付け体験)

      
      博多人形(絵付け体験)                閉会式(校長挨拶)                閉会式(会長挨拶)

      
      閉会式(講師講評 和裁)             閉会式(講師講評 表具)            閉会式(講師講評 博多人形)


    閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成26年度 福重小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第4回目は、10月6日に西区の福重小学校で開催しました。
開会式では、馬場校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童74名は3グループに分かれ、  洋菓子づくり、ポットプレートづくり、理容技術を体験しました。

○洋菓子づくり
 講師の実演と説明を受けたあと、クレープづくりに挑戦。生地を焼くのが難しく、何度も失敗しながらも、薄くきれいな生地が焼きあがりました。果物などをトッピングし、クレープを使ったデザートが出来上がり、最後は試食です。
 (児童の感想:ふだん普通にデザートやケーキを食べているけども、そこには職人さんたちの工夫や努力があってこそだということを学べました。)

○ポットプレートづくり
 児童一人ひとりがタイルと設計図と板を受け取り、ポットプレートづくりに挑戦です。台の板にタイルを貼る作業で、間取りが一番の難関ですが、講師の指導を受けながら作業を進め、「世界に一つだけのポットプレート」が出来上がりました。
 (児童の感想:今回の講座で「物を作る」という楽しさと、「自分で作った物が他の人の役にたつ」という達成感を知りました。)

○理容技術体験
 最初、講師から理容の道具とその使い方について説明を受けたあと、マネキンを使って、みつあみや、アイロン・バリカンの使い方を一人ひとりが体験。将来の夢が理容師という児童も多く、熱心に取り組む姿がありました。
 (児童の感想:理容師と美容師の違いやものづくりの大変さが分かった。将来の夢に向かっての選択肢が広まった。)

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度福重小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第5回)は、中央区の警固小学校です。(平成26年10月27日開催)

                                   記

1、日 時    平成26年10月6日(火)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 福重小学校(馬場泰弘校長)
          (住所:福岡市西区福重4丁目25−1)

3、対 象   74名(6年生)

4、体験内容  洋菓子づくり(クレープを使ったデザート)、ポットプレートづくり、理容技術体験

5、講 師
・一般社団法人 福岡県洋菓子協会
 金子 久幸、竹下 純平
・福岡県タイル煉瓦工業会
 坂本 隆生、池渕 敏和、川上 則安、井川 次徳、野間 勝則
・福岡市理容連絡協議会
 黒崎 正嗣、山口 直美、徳永 純子

      
       開会式(講師の皆さん)              開会式(校長挨拶)                開会式(会長挨拶)

      
      開会式(児童代表挨拶)           洋菓子(クレープのデザートづくり)        洋菓子(クレープのデザートづくり)

      
   洋菓子(クレープのデザートづくり)         洋菓子(クレープのデザートづくり)         洋菓子(クレープのデザートづくり)

      
         試食タイム               タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)

      
     タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)           タイル(ポットプレートづくり)

      
      理容(カミソリの使い方)             理容(マネキンで編み込み)              理容(髭剃りの仕方)

      
     理容(先生をモデルにカット)          理容(コテを使ってヘアアレンジ)            理容 (バリカンの使い方)

      
       閉会式(会長挨拶)            閉会式(児童代表お礼のことば)            閉会式(講師講評 洋菓子)

   
     閉会式(講師講評 タイル)             閉会式(講師講評 理容)

○平成26年度 警固小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成26年度第5回目は、10月27日に中央区の警固小学校で開催しました。
開会式では、笠原校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童86名は5グループに分かれ、  洋食、ミニ畳、ピカピカ土だんご、横断幕、印鑑づくりを体験しました。

○洋食づくり
 最初、講師の実演と説明を受けたあと、児童は数名ずつのグループに分かれ、スパゲッティとオムレツづくりに挑戦です。互いに協力しながら、おいしそうな香りが立ち込める中、スパゲッティペスタトーレとオムレツが出来上がりました。最後は、みんなで試食です。
 (児童の感想:今後、この料理作りをもとに、自分の生活に生かそうという気持ちが一層強まりました。未来の先パイとして、私は自分の夢をあきらめず、最後までやり通したいと思っています。)

○ミニ畳づくり
 「畳の手縫い」と「ミニ畳づくり」を体験。畳の手縫いでは、道具の使い方や針使いの難しさを自ら体験。ミニ畳づくりでは、講師の指導のもとで花瓶などを飾る小さな畳を縫い上げ、それぞれに持ち帰りました。  (児童の感想:畳は未来に残したい物なので、私達が学び、それを未来へつなげたいと思いました。)

○ピカピカ土だんごづくり
 最初、左官の歴史と仕事内容について説明を受け、一人一個ピカピカ土だんごづくりに挑戦です。講師の指導を受けながら、最後まで頑張り、左官の材料を使った光沢のあるきれいな土だんごが出来上がりました。
 (児童の感想:あのピカピカ光る泥だんご一つの中に、たくさんの工夫や技術が入っているように感じました。今回教えてくださったことを、将来の夢を探すヒントにしてがんばっていきたいです。)

○横断幕づくり
 横断幕づくりでは、筆の捌き方に四苦八苦しながらも全員で協力し、「〜敬愛〜130周年記念福岡市立警固小学校」の横断幕が出来上がりました。次に、カッターナイフを使って粘着シートをカットし、ネームプレートを作成しました。
 (児童の感想:店や商品の特徴を書いて、人に何かを伝える広告作りには、前から興味がありました。教えていただいたとおり、将来は自分がまごころを込めて、本当に好きになれる仕事を見つけます。)

○印鑑づくり
 最初、講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けた後、石に鉄筆で自分の名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの自分の印鑑が出来上がりました。続いて、自宅でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりにも挑戦しました。
 (児童の感想:印鑑と印章の違いがわかりました。一生使えるすばらしい印章がつくれました。将来、どんな職業になるか分からないけど、そのためにたくさんがんばろうと思います。)

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成26年度警固小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。
 次回(第6回)は、早良区の室見小学校です。(平成26年12月1日開催)

                                   記

1、日 時 平成26年10月27日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立 室見小学校(笠原 嘉治校長)
         (住所:福岡市中央区警固1丁目11−1)

3、対 象   86名(6年生)

4、体験内容  洋食づくり(スパゲッティ、オムレツ)、ミニ畳づくり、ピカピカ土だんごづくり、横断幕づくり、印鑑づくり

5、講 師
・福岡県調理師連合会
 笹田 勇治郎、谷井 正敏、天満 邦彦、重松 要
・福岡県畳工業組合 福岡地区連合会
 都地 隆幸、岩下 良二、内田 恵一、柿原 崇宏、天野 智哉
・一般社団法人 福岡市左官業組合
 橋本 喜久雄、茶圓 宏之、海老澤 功、丸田 和喜
・福岡市広告美術業協同組合
 遠原 治朗、田中 伸和
・福岡市印章業組合
 上村 利成、小金丸 武毅

○平成25年度 田村小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第7回目は、26年1月21日に早良区田村小学校で開催しました。
 開会式では、淀川校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童108名は6グループに分かれ、和菓子、タイル、表具、家具、印章、博多人形づくりを体験しました。

○和菓子づくり
 最初、和菓子の材料と作り方の説明を受け、わらび餅づくりに挑戦です。材料をこねるのが大変でしたが、みんなで協力してわらび餅が出来上がりました。次に、チョコレートを使ったガナッシュづくりにも挑戦しました。最後は全員で試食です。

○ポットプレートづくり
 児童一人ひとりがタイルと設計図と板を受け取り、ポットプレートづくりに挑戦です。台の板にタイルを貼る作業で、間取りが最初の難関ですが、講師の指導を受けながら作業を進め、他にない自分だけのポットプレートが出来上がりました。

○障子貼り体験
 表具の歴史や木と紙の性質について学んだ後、まず古い障子紙をはがし綺麗に洗ってから、いよいよ初めての障子貼り体験です。糊のつけ方、紙の貼り方など、講師から細かい作業の指導を受けながら、障子貼りを体験しました。

○マイ箸づくり
 最初に講師から木の性質等について説明を受け、カンナ掛けに挑戦です。児童たちは自分でやって難しさが分かり、作業がなかなか進みませんが、講師の指導で徐々に慣れ、最後には、家族の分までマイ箸が完成しました。

○印鑑づくり
 最初、講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けたあと、石に鉄筆で名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦です。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの印鑑が出来上がりました。次に、家でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりに挑戦しました。

○博多人形絵付け体験
 講師の指導を受け、素焼きの博多人形に一人ひとり絵付けをします。絵の具を混ぜて色づくりをし、細かい筆遣いに苦労しながらも、それぞれ個性豊かな馬の博多人形が出来上がりました。ものづくり体験の記念品となりました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度7回目の田村小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 以上で、平成25年度の「ものづくり体験講座」はすべて終了しました。

                                   記

1、日 時    平成26年1月21日(火)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立田村小学校(淀川政人校長)

3、対 象   108名(6年生)

4、体験内容
・和菓子づくり(わらび餅)
・ポットプレートづくり
・障子貼り体験
・マイ箸づくり
・印鑑づくり
・博多人形絵付け体験

5、講 師
・福岡市菓子協同組合
 長末 光正、植垣 佳和、山下 多美子
・福岡県タイル煉瓦工業会
 坂本 隆生、野間 勝則、川上 則安、小重 末治、池渕 敏和
・福岡表具師協会
 安藤 征夫、井浦 巖、合屋 善克、吉富 清登
・福岡市家具工業会
 住永 謙一、進藤 和典、小島 任貴、楢崎 孝彦、山下 広己
・福岡市印章業組合
 上村 利成、小金丸 武毅
・博多人形商工業協同組合
 中野 浩

      
       開会式 (校長挨拶)                 開会式(会長挨拶)               開会式(講師の皆さん)

      
      和菓子(わらびもちづくり)            和菓子(ガナッシュチョコレート)          和菓子(ガナッシュチョコレート)

      
    和菓子(デコレーションケーキ)           和菓子(デコレーションケーキ)                試食タイム

      
     タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)

      
     タイル(ポットプレートづくり)              表具(障子貼り体験)                表具(障子貼り体験)

      
       表具(障子貼り体験)                表具(こよりづくり)                 家具(マイ箸づくり)

      
       家具(マイ箸づくり)                家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)

      
        印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)

      
        印章(印鑑づくり)               博多人形(馬 絵付け体験)            博多人形(馬 絵付け体験)

      
     博多人形(馬 絵付け体験)             博多人形(馬 絵付け体験)              閉会式(校長挨拶)

      
       閉会式(会長挨拶)              閉会式(講師講評 和菓子)             閉会式(講師講評 タイル)

      
      閉会式(講師講評 表具)             閉会式(講師講評 家具)             閉会式(講師講評 印章)

   
     閉会式(講師講評 博多人形)          閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成25年度 長住小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第6回目は、12月10日に南区の長住小学校で開催しました。
開会式では、中島校長あいさつ、手島副会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童101名は4グループに分かれ、和裁小物、和食、ミニ畳、印鑑づくりを体験しました。

○和裁小物づくり
 日本の伝統文化である和裁について説明を受けたあと、三角袋づくりに挑戦です。実際にやってみると大変で、針の扱いに苦労する児童もいましたが、時間内に、世界に一つだけの三角袋が出来上がりました。
(児童の感想−私たちの身の回りにある物は、全部だれかが作り、だれかの役に立っていることが分かりました。私も将来、人の役に立つ仕事をしたいと思います。)

○和食づくり
 最初に、和食の特長や多彩な包丁など、和食の基本について説明を受けたあと、児童は数名ずつのグループに分かれ、肉じゃがづくりに挑戦です。講師から乱切りなどの手ほどきを受けながら、おいしそうな肉じゃがが出来上がりました。途中、講師による大根の薄切りの技に歓声が上がりました。

○ミニ畳づくり
 畳の手縫いの実技指導では、畳の下から上に針を通すのが難しく、苦労している様子でしたが、直ぐに慣れてスムーズに。ミニ畳づくりでは、講師の指導を受け、花瓶などを飾る小さな畳の台が上手に出来上がりました。

○印鑑づくり
 最初、講師から印鑑の歴史や種類について説明を受けたあと、石に鉄筆で名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦です。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの印鑑が出来上がりました。また、家でも手軽に作れる消しゴムハンコづくりにも挑戦しました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度長住小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第7回)は、早良区の田村小学校です。(平成26年1月21日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年12月10日(火)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立長住小学校(中島信行校長)

3、対 象   101名(6年生)

4、体験内容  和裁小物づくり(三角袋)、和食づくり(肉じゃが、お吸い物)、ミニ畳づくり、印鑑づくり

5、講 師
・一般社団法人日本和裁士会 福岡県支部
 手島 明彦、齊藤 雅彦、坂本 浩子
・福岡県調理師連合会
 小西 登、橋口 覚浩
・福岡県畳工業組合 福岡地区連合会
 岩下 良二、内田 恵一、熊丸 剛、柿原 崇宏、小川 真司、天野 智哉
・福岡市印章業組合
 上村 利成

      
       開会式(校長挨拶)               開会式(手島副会長挨拶)             開会式(児童代表挨拶)

      
      和食(肉じゃがづくり)               和食(肉じゃがづくり)                和食(肉じゃがづくり)

      
       和食(肉じゃがづくり)               和食(肉じゃがづくり)                和食(試食タイム)

      
        畳(ミニ畳づくり)                 畳(ミニ畳づくり)                  畳(手縫い体験)

      
        畳(手縫い体験)                   畳(完成)                   印章(印鑑づくり)

      
      印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)

      
       和裁(三角袋づくり)                和裁(三角袋づくり)                和裁(三角袋づくり)

      
      和裁(三角袋づくり)                 閉会式(校長挨拶)                閉会式(講師講評)


    閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成25年度 金山小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第5回目は、12月9日に城南区の金山小学校で開催しました。 開会式では、榎田校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童53名は3グループに分かれ、中華料理、ピカピカ土だんご、キーホルダーづくりを体験しました。

○中華料理づくり
 講師の実演と説明を受けたあと、小グループに分かれて酢豚とコーンスープづくりに挑戦です。講師の指導のもとに、材料を切ったり、酢豚を甘酢であえたり、みんなで協力して出来上がりました。最後は、みんなで試食です。

○ピカピカ土だんごづくり
 最初、左官の歴史と仕事内容につて説明を受け、一人一個ピカピカ土だんごづくりに挑戦です。講師の指導を受けながら、最後まで頑張り、左官の材料を使った光沢のある綺麗な土だんごが出来上がりました。

○キーホルダーづくり
 銀のプレートに名前と生年月日を刻印する細かい作業の繰り返しです。講師から手ほどきを受けながら、慎重に彫り進め、他にはない自分だけのオリジナルキーホルダーが出来上がりました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度金山小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第6回)は、南区の長住小学校です。(平成25年12月10日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年12月9日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立金山小学校(榎田也寸志校長)

3、対 象   53名(6年生)

4、体験内容  中華料理づくり(酢豚、中華コーンスープ)、ピカピカ土だんごづくり、キーホルダーづくり

5、講 師
・福岡県調理師連合会
 中橋 淳作、椿 真朝
・一般社団法人福岡市左官業組合
 倉田 秀夫、青山 高久、高柳 近、茂山 幸裕、岩下 勉
・福岡市貴金属工芸組合
 丸山 尊祿、常岡 福則、前ア 享一、大嶌 政隆

      
       開会式 (校長挨拶)                開会式(会長挨拶)                 開会式(講師紹介)

      
      開会式(児童代表挨拶)          中華料理(酢豚・コーンスープづくり)         中華料理(酢豚・コーンスープづくり)

      
  中華料理(酢豚・コーンスープづくり)         中華料理(酢豚・コーンスープづくり)           中華料理(試食タイム)

      
  貴金属(シルバーキーホルダーづくり)        貴金属(シルバーキーホルダーづくり)       貴金属(シルバーキーホルダーづくり)

      
  貴金属(シルバーキーホルダーづくり)          左官(ぴかぴか土団子づくり)            左官(ぴかぴか土団子づくり)

      
    左官(ぴかぴか土団子づくり)            左官(ぴかぴか土団子づくり)               閉会式(会長挨拶)

      
       閉会式(講師講評)             閉会式 (児童代表お礼のことば)

○平成25年度 西長住小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第4回目は、11月25日に南区の西長住小学校で開催しました。
開会式では、中村校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童53名は2グループに分かれ、洋菓子づくりと理容を体験しました。

○洋菓子づくり
 講師の実演と説明を受けたあと、ケーキづくりに挑戦。5センチ程度に切ったロールケーキに各自果物等で飾りつけ、それぞれ少しずつ違うケーキが出来上がりました。最後は、みんなで試食しました。 (講師からのアドバイス−上手なケーキ職人になるには、途中で決して諦めないこと。)

○理容体験(ロット巻き等)
 最初、講師から理容の道具とその使い方について説明を受けたあと、マネキンを使ったヘアカットやロット巻きを一人ひとりが体験。将来の夢が美容師という児童もいて、講師の説明に熱心に聞き入る姿がありました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度西長住小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第5回)は、城南区の金山小学校です。(平成25年12月9日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年11月25日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立西長住小学校(中村滝子校長)

3、対 象   53名(6年生)

4、体験内容  洋菓子づくり(ロールケーキ)、理容体験(ロット巻き等)

5、講 師
・一般社団法人 福岡県洋菓子協会
 池田 勝、南 結香
・福岡市理容連絡協議会
 柴田 淳治、宇都宮まどか

      
       開会式(校長挨拶)              開会式(会長・講師の方々)             開会式(児童代表挨拶)

      
     洋菓子(ロールケーキづくり)           洋菓子(ロールケーキづくり)            洋菓子(ロールケーキづくり)

      
    洋菓子(ロールケーキづくり)             洋菓子(ロールケーキづくり)             洋菓子(試食タイム)

      
       理容(バリカン体験)               理容(ロット巻き体験)                理容(ロット巻き体験)

      
       理容(ロット巻き体験)               理容(エクステ体験)                理容(エクステ体験)

      
    閉会式(講師講評・洋菓子)              閉会式(講師講評・理容)           閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成25年度 西戸崎小学校「ものづくり体験講座」

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第3回目は、11月21日に東区の西戸崎小学校で開催しました。
 開会式では、吉田教頭あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、5年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童73名は3グループに分かれ、中華料理、マイ箸、印鑑づくりを体験しました。

○中華料理づくり
 講師の実演と説明を受けたあと、餃子づくりに挑戦です。多くの児童が餃子の具を包むのに苦労していましたが、講師の手ほどきで上手に出来上がり、おいしそうな餃子が焼き上がりました。
(講師からのアドバイス−手に職を持つと、定年など関係なく66歳の今でも楽しく働き続けることができます。)

○マイ箸づくり
 最初、講師から木の性質等について説明を受け、カンナ掛けに挑戦です。児童たちは自分でやって難しさが分かり、作業がなかなか進みません。その後、講師の指導で徐々に慣れ、マイ箸が完成。最後は、家族の分まで完成しました。

○印鑑づくり
 最初、講師から説明を受け、石に鉄筆で名前一字を彫る印鑑づくりに挑戦です。難しい作業にも児童は楽しそうに取組み、世界に一つだけの印鑑が出来上がりました。年賀状に使いたいと喜ぶ児童の姿がありました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度西戸崎小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第4回)は、南区の西長住小学校です。(平成25年11月25日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年11月21日(木)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立西戸崎小学校(脇本尚二校長)

3、対 象   73名(5年生)

4、体験内容  中華料理づくり(餃子、酢豚)、マイ箸づくり、印鑑づくり

5、講 師
・福岡県調理師連合会
 王 和雄、米田  稔
・福岡市家具工業組合
 進藤 和典、小島 任貴、楢崎 孝彦、山下 広己
・福岡市印章業組合
 上村 利成、須古井一彦


      
       開会式(教頭挨拶)                開会式(会長挨拶)                 開会式(講師紹介)

      
         印鑑づくり                     印鑑づくり                    印鑑づくり

      
          印鑑づくり                  家具(マイ箸づくり)                家具(マイ箸づくり)

      
       家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)                 中華料理づくり

      
        中華料理づくり                  中華料理づくり                   中華料理づくり

      
         試食タイム                  閉会式(教頭挨拶)                 閉会式(会長挨拶)

      
       閉会式(講師講評)             閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成25年度 東住吉小学校「ものづくり体験講座」を開催

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度第2回目は、10月17日に博多区の東住吉小学校で開催
開会式では、大石校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童46名は2グループに分かれ、和裁小物づくりなどを体験しました。

○和裁小物づくり
 日本の伝統文化である和裁について説明を受けたあと、三角袋づくりに挑戦です。多くの児童が始めての経験で、針の扱いに苦労する児童もいましたが、時間内に、手軽に荷物を持ち運べる三角袋が完成しました。

○洋食づくり
 最初、講師の実演と説明を受けたあと、児童は数名ずつのグループに分かれ、スパゲッティナポリタンづくりに挑戦です。互いに協力しながら、バターの香りが立ち込める中、スパゲッティナポリタンが出来上がりました。最後は、和裁小物づくりの児童も一緒に、楽しく試食しました。

 閉会式では、講師からの講評のあと、グループ別に児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度東住吉小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回(第3回)は、東区の西戸崎小学校です。(平成25年11月21日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年10月17日(木)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立東住吉小学校(大石京子校長)

3、対 象   46名(6年生)

4、体験内容  和裁小物づくり(三角袋)、洋食づくり(スパゲッティナポリタン)

5、講 師
・一般社団法人 日本和裁士会福岡県支部
 濱田 直枝、新巻 倫代、草川 良郎
・福岡県調理師連合会
 塩塚 哲夫、内田 俊和


      
       開会式(校長挨拶)                 開会式(会長挨拶)               開会式(児童代表挨拶)

      
     洋食(スパゲッティづくり)              洋食(スパゲッティづくり)              洋食(スパゲッティづくり)

      
     洋食(スパゲッティづくり)              洋食(スパゲッティづくり)            和裁の児童も一緒に試食タイム

      
    和裁の児童も一緒に試食タイム              和裁(三角袋づくり)                和裁(三角袋づくり)

      
       和裁(三角袋づくり)                和裁(三角袋づくり)                和裁(三角袋づくり)

      
     閉会式(講師講評・和裁)              閉会式(講師講評・洋食)            閉会式(児童代表お礼のことば)

      
     洋食づくり児童 記念撮影            和裁小物づくり児童 記念撮影

○平成25年度 金武小学校「ものづくり体験講座」を開催

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。

(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。


◎平成25年度の第1回目は、10月7日に西区の金武小学校で開催
 開会式では、矢野校長あいさつ、山田会長あいさつ、講師紹介に続き、6年生代表の歓迎あいさつがあり、その後、参加児童97名は5グループに分かれ、洋菓子作りなどを体験しました。

○洋菓子づくり
 マドレーヌづくりに挑戦。多くの児童が始めての経験で、不安な中にも、その顔は真剣そのもの。一人ひとり講師の手ほどきを受けながら、マドレーヌが綺麗に焼き上がりました。最後は、プロの味を試食しました。

○ポットプレートづくり
 一人ひとりがタイルと設計図と板を受け取り、ポットプレートづくりに挑戦。台木にタイルを貼る作業で、間取りが最初の難関です。講師のアドバイスを受けながら作業を進め、他にはない自分だけのポットプレートの出来上がりです。

○ミニ畳づくり
  「畳の手縫い」と「ミニ畳づくり」を体験。畳の手縫いでは、職人技を見て感心、道具の使い方や針使いの難しさを自ら体験。ミニ畳づくりでは、講師の指導のもとで花瓶などを飾る小さな畳を縫い上げ、それぞれ持ち帰りました。

○掛け障子づくり
 まず、カンナとノコギリの使い方を体験し、続いて、掛け障子づくりに挑戦。 パーツの組み立て方やカナヅチの安全な使い方など、講師から細かい手作業の指導を受け仕上げた掛け障子は、初めての体験にしては立派な出来栄えでした。

○理容体験(ロット巻き等)
 「パーマのロット巻き」と「ヘアアレンジ」を体験。使う道具の多さに困惑する児童や、美容師に必要なものは「スピード」と知り驚く児童の姿がありましたが、この体験を通じ将来の夢が美容師になるなど、人気の高い講座でした。

 閉会式では、講師からの講評のあと、各グループごとに児童代表のお礼の言葉があり、平成25年度第1回目の「ものづくり体験講座」を終了しました。

 次回は、博多区の東住吉小学校です。(平成25年10月17日開催)

                                   記

1、日 時    平成25年10月7日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立金武小学校(矢野隆俊校長)

3、対 象   97名(6年生)

4、体験内容  洋菓子(マドレーヌ)づくり、ポットプレートづくり、ミニ畳づくり、掛け障子づくり・理容体験(ロット巻き等)

5、講 師
(1)福岡県洋菓子協会
・四宮 健一
・松岡 美和

(2)福岡県タイル煉瓦工業会
・坂本 隆生
・後藤 正茂
・川上 則安
・池渕 敏和
・野間 勝則

(3)福岡県畳工業組合福岡地区連合会
・都地 隆幸
・奥川 俊平
・柳田 幹生
・緒方 孝徳

(4)福岡市建具工業組合
・新内 一秋
・小野原三幸
・中村 政明
・福田 孝明
・井上 敏昭

(5)福岡県美容生活衛生同業組合
・大野 義武
・松尾  好
・木元 将臣

      
       開会式(会長挨拶)                開会式(講師の皆さん)              洋菓子(マドレーヌづくり)

      
     洋菓子(マドレーヌづくり)              洋菓子(マドレーヌづくり)             洋菓子(マドレーヌづくり)

      
     洋菓子(マドレーヌづくり)             タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)

      
     タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)               畳(ミニ畳づくり)

      
       畳(ミニ畳づくり)                  畳(ミニ畳づくり)                畳(表替え手縫い体験)

      
      建具(カンナ削り体験)               建具(手ノコ挽き体験)               建具(手ノコ挽き体験)

      
      建具(掛け障子づくり)               建具(掛け障子づくり)                美容(ロット巻き体験等)

      
      美容(ロット巻き体験等)              美容(ロット巻き体験等)              美容(ロット巻き体験等)

      
       閉会式(講師講評)             閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成24年度 片江小学校「ものづくり体験講座」を開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
〇こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
〇子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
〇技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第7回目は、新春の1月21日に城南区の片江小学校を訪問しました。

 開会式では、綾部校長、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、5年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。今回は、98名が4グループに分かれて中華料理、障子貼り、ミニ畳や印鑑づくりを体験しました。

・「中華料理づくり」(中橋講師他2名)
 本年度一番の大人数(48名)です。
 コーンスープづくりでは、溶いた卵に生クリームも入れて、とてもおいしいスープが出来上がりました。
 次はいよいよ、メインの「酢豚」です。手本に講師が豚肉を油で揚げると、みんな一瞬「シーン」。そして、プロの手さばきに「ウォー」と歓声と拍手。
 講師の指導をもとに、それぞれ、材料を切ったり、酢豚を甘酢であえたり、みんなでわいわい楽しく出来上がりました。
 講師は大人数にてんてこ舞いでしたが、部屋中においしい匂いが立ち込め、最後に、みんなでおいしくいただきました。
・「障子貼り体験」(安東講師他2名)
 表具の歴史や刷毛・糊の使い方の説明と指導を受け、最初に、古い障子紙をはがして枠や桟をきれいにします。次に、刷毛でのりを塗り、和紙を貼った後、カッターで端を慎重にカットしますが、「うーん」なかなか難しい。でも、みんな丁寧な作業を心がけ、最後は、雪見障子を組み立てて見事に出来上がりました。
・「ミニ畳づくり」(熊丸講師他4名)
 「畳の手縫い」では、長針など道具の使い方の実技指導を受け、早速挑戦。長い針で畳床の下から上に縫っていくのは「難しいなあ」、見るとするでは大違い。
 ミニ畳づくりでは、色とりどりの縁を使ってカラフルな畳が出来上がりました。さすがに、女子児童3人は、縫うのがうまく早くできました。最後に、名前を書いてもらって、記念のミニ畳が出来上がりました。
・「印鑑づくり」(上村講師)
 講師から、篆刻の説明や彫刻の方法の指導を受け、いよいよ名前一字を篆刻する、世界にたったひとつだけの印鑑づくりの開始です。
 専用の彫刻刀で慎重に彫り進めます。中には、講師も「うーん、うまい。」と唸る出来栄えも。
 最後に、みんな体験証書を貰い、貴重な印鑑ができました。

 閉会式では、職種ごとに講師から講評があり、5年生の児童代表のお礼の言葉を受けて第7回目、平成24年度最後の「ものづくり体験講座」を終了しました。

 今回は、RKB毎日放送と城南区役所の市政だより担当からの取材もあり、広く連合会の活動や講座の広報できました。

 今回で本年度最後の講座となりましたが、会員講師の熱心な指導や尽力により、事故もなくすべて無事に終了することができました。 皆様のご尽力に心から感謝します。ご苦労様でした。

                                   記

1、日 時   平成25年1月21日(月)午前9時〜12時

2、場 所   福岡市立片江小学校(綾部正彦校長)

3、対 象   98名(5年生)

4、体験内容  中華料理づくり、障子張り体験、ミニ畳づくり、印鑑づくり

5、講 師   
〇福岡県調理師連合会(中華)
・中橋 淳作
・椿  真朝
・王  和雄
〇福岡表具師協会
・安藤 征夫
・合屋 善克
・井浦 巖
〇福岡県畳工業組合福岡地区連合会
・熊丸 剛
・内田 恵一
・村上 峰治
・岩下 良二
・柿原 崇宏
・天野 智哉
〇福岡市印章業組合
・上村 利成

      
          開会式                  開会式(児童代表挨拶)              中華(コーンスープづくり)

      
     中華(コーンスープづくり)                コーンスープ試食                中華(酢豚づくり)

      
       中華(酢豚づくり)                  中華(酢豚づくり)                 中華(酢豚試食)

      
       表具(障子貼り体験)               表具(障子貼り体験)               表具(障子貼り体験)

      
      表具(障子貼り体験)                 表具(障子貼り体験)                  完 成

      
       畳(畳縫い体験)                  畳(畳縫い体験)                 畳(ミニ畳づくり)

      
        畳(ミニ畳づくり)                  畳(ミニ畳づくり)                   完 成

      
       印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)                 印章(印鑑づくり)

      
       印章(印鑑づくり)                  印章(印鑑づくり)                閉会式(会長挨拶)

      
       閉会式(講師講評)              閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成24年度 鶴田小学校「ものづくり体験講座」を開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
〇こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
〇子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
〇技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第6回目は、新春の1月16日に南区の鶴田小学校を訪問しました。

 開会式では、武井校長、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
今回は、73名が4グループに分かれて和裁、和食、鏝絵やマイ箸づくりを体験しました。

・「和裁小物づくり」(草川講師他2名)
 紙入れ、ポケットティッシュ入れづくりの説明を受けた後、男子児童4名も参加して、慣れない手縫いに一苦労しながらも、先生も一緒にみんな綺麗に出来上がりました。
  指導講師の速くて正確な「運針」の手わざに驚きの声も。
また、着付では、初めて着た浴衣に、みんな大喜びでした。
・「和食づくり(肉じゃが)」(小西講師他1名)
 最初に、講師から「和食」の特長や多彩な包丁など、「和食」の基本について説明を受けました。
 その後、早速、ジャガイモの皮むきに挑戦。でも、ジャガイモを包丁で皮むきするのはなかなかうまくできません。
 面取りや乱切りの手ほどきも受けながら、最後には、「佐賀牛」を一緒に煮込んだ「本格肉じゃが」が出来上がりました。
 合間には、和食の基本調味料「さしすせそ」の意味と入れる順番の話を聞いて「なるほど」と納得したり、大根の桂剥きや花、網づくりのプロの包丁捌きに一同感嘆しながら、最後は、みんなで肉じゃがをおいしくいただきました。
・「鏝絵体験」(倉田講師他2名)
 左官の歴史、仕事の内容や漆喰について説明を受け、早速、漆喰で鏝絵に挑戦です。
 自分達で描いた「クマもん」や「ガチャピン」などキャラクターの下絵に、色を混ぜた漆喰を塗っていきますが、なかなか鏝の扱いが思うようにいきません。
 講師の指導を受け、職人技の難しさを実感しながら、最後までは頑張って楽しく仕上げました。
・「マイ箸づくり」(住永講師他4名)
 講師から、木の性質などを学んだ後、木材を削る治具を使ってカンナ掛けに挑戦。
 初めは、カンナ掛ける腰つきも定まらず、削る方向が逆になっていたり、うまく綺麗には削れません。
 それでも、段々慣れてきて最後には、参加した三人の女子児童もみんな家族の分まで見事に「マイ箸」が完成しました。

 閉会式では、職種ごとに講師から講評があり、6年生の児童代表のお礼の言葉を受けて第6回目の「ものづくり体験講座」を終了しました。
 今回は、新年最初の講座でしたが、寒い中も、会員講師の熱心な指導により、事故もなく無事に終了することができました。皆様、ご苦労様でした。

 次回は、平成25年1月21日(月)に片江小学校で開催します。
 平成24年度最後の講座です。

                                   記

1、日 時   平成25年1月16日(木)午前9時〜12時

2、場 所   福岡市立鶴田小学校(武井敦子校長)

3、対 象   73名(6年生)

4、体験内容  和裁小物づくり(紙入れ・ポケットティッシュ入れ)、和食づくり(肉じゃが)、鏝絵体験、マイ箸づくり

5、講 師
〇(一社)日本和裁士会福岡県支部
・草川 良郎
・濱田 直枝
・坂本 浩子
〇福岡県調理師連合会(和食)
・小西 登
・橋口 覚浩
〇(社)福岡市左官業組合
・倉田 秀夫
・橋本 喜久雄
・川島 健次郎
〇福岡市家具協同組合
・住永 謙一
・進藤 和典
・小島 任貴
・楢崎 孝彦
・山下 広己

      
       開会式(会長挨拶)                開会式(校長挨拶)                 開会式(講師紹介)

      
       和食(包丁の種類)                和食(肉じゃがづくり)               和食(肉じゃがづくり)

      
      和食(肉じゃがづくり)              和食(かつらむきの実演)                  試食タイム

      
       左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)

      
       左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)                家具(マイ箸づくり)

      
       家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)                家具(マイ箸づくり)

      
       家具(マイ箸づくり)                 和裁(小物づくり)                  和裁(小物づくり)

      
       和裁(小物づくり)               和裁(ゆかた着付け体験)              和裁(ゆかた着付け体験)

      
     和裁(ゆかた着付け体験)              和裁(ゆかた着付け体験)              閉会式(会長挨拶)

      
      閉会式(講師講評・和裁)             閉会式(講師講評・調理)              閉会式(講師講評・左官)

      
      閉会式(講師講評・家具)           閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成24年度 姪浜小学校「ものづくり体験講座」を開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
・こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
・子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
・技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第5回目は、初冬の12月3日に西区の姪浜小学校を訪問しました。

 開会式では、教頭、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。今回は、参加児童が多く、146名が10グループに分かれて和裁、洋菓子作りなどを体験しました。

・「和裁小物づくり(紙入れ)」(手島講師他2名)
 日本の伝統文化である和裁について説明を受け、初めは慣れない手付きで針の扱いに苦労していましたが、慣れてくるとふたつ目に挑戦する児童もいました。
 着物の着付では、初めての体験に男子も女子も興味津々でした。
・「洋菓子づくり(クリスマスクレープ)」(金子講師他1名)
 講師は姪浜小学校出身で、何事も一生懸命打ち込むことや責任など仕事の心構えなど、先輩の教えを受けクレープづくりに挑戦しました。一人ひとり手ほどきを受けましたが、なかなか薄く綺麗には焼けません。それでも、個性あるクレープが巻き上がり、最後はおいしくいただきました。
・「ポットプレートづくり」(坂本講師他4名)
 一人ひとり異なるデザインの図面を貰い、台木にタイルを貼り付ける作業に黙々と取り組みました。うまく枠にタイルが入らなかったり、なかなか要領がいる作業でした。最後には、色とりどりのプレートに仕上がり、講師から、素直な気持ちで頑張っていくよう激励を受けていました。
・「障子貼り」(安藤講師他2名)
 講師から、表具の歴史を学んだ後、先ず、古い障子紙をはがし綺麗に洗ってから、いよいよ、初めての障子貼り体験です。(参加児童の家には障子はないとのこと)
 糊のつけ方、紙の貼り方など、講師から細かい手作業の指導を受け、初めての体験にしては、見事な出来栄えでした。
・「畳の手縫い実演」(都地講師他3名)
 「畳の手縫い」と「ミニ畳づくり」に分かれて体験です。
 畳の手縫いでは職人技に感心し、体験では道具の使い方や針使いの難しさに一苦労。ミニ畳づくりでは、講師の指導のもとで花瓶などを飾る小さな畳が上手に縫い上がりました。
・「横断幕づくり・シート切文字」(遠原講師ほか2名)
 「学習発表会」の横断幕づくりでは、筆の捌き方に四苦八苦しましたが、講師の手助けもあり、毎年使ってもらえる横断幕が出来上がりました。
 シート文字切では、カッターナイフで名前をシートにカット。難しい文字に一苦労。
・「博多人形絵付け」(小副川講師)
 姪浜小学校出身の講師の指導を受け、素焼きの博多人形に一人ひとり思い思いに絵付けをしました。講師から好きな絵の具をもらい、色づくりからはじめます。細かな筆遣いに苦労しながらも、赤、青、緑や黄色など個性豊かな着物をまとった人形は、ものづくり体験の貴重な記念となりました。
・「印鑑づくり」(上村講師)
 「篆刻」の説明と彫刻の指導を受け、名前の一文字が書かれた印材に真剣なまなざしで彫刻していました。講師の点検を受け「篆刻体験証」をもらい、来年の巳年の文字にも挑戦しました。
・「キーホルダーづくり」(石橋講師他3名)
 銀のプレートに名前、生年月日と血液型を刻印する細かい作業でした。ハートや星の細工にも講師から手ほどきを受け、最後に梨地仕上げをして、他にはないキーホルダーが出来上がりました。
・「理容体験(カット・ロット巻き等)」(鶴岡講師他2名)
 講師から、日本の理容技術は国際的にも評価が高いことなど講義を受け、マネキンにロットを使って髪を巻く体験をしました。
 また、講師からそれぞれ髪をカールしてもらい、時間が足りないほど、女子児童には関心が高い人気の講座でした。

 閉会式では、職種ごとに講師から明るく元気で素直さを忘れないようにと講評があり、6年生の児童代表のお礼の言葉を受けて第4回目の「ものづくり体験講座」を終了しました。
 今回は、最も児童数が多い講座ではありましたが、会員講師の尽力により無事に終了することができました。皆様、ご苦労様でした。


 次回は、平成25年1月16日(水)に鶴田小学校で開催します。

                                   記

1、日 時    平成24年12月3日(月)午前9時〜12時

2、場 所    福岡市立姪浜小学校(木村久則校長)
3、対 象   146名(6年生)

4、体験内容
和装小物づくり(紙入れ)、洋菓子づくり(クリスマスクレープ)、ポットプレートづくり、障子貼り、ミニ畳づくり、横断幕づくり・シート切文字、博多人形絵付け、印鑑づくり、キーホルダーづくり、理容体験(カット、ロット巻き等)

5、講 師
(1)(一社)日本和裁士会福岡県支部
・手島 明彦
・齊藤 雅彦
・坂本 浩子

(2)(一社)福岡県洋菓子協会 
・金子 久幸
・吉田 昌樹

(3) 福岡県タイル煉瓦工業会
・坂本 隆生
・小重 末治
・川上 則
・後藤 正茂
・池渕 敏和

(4) 福岡表具師協会
・安東 征夫
・倉谷 智恵子
・井浦 巖

(5)福岡県畳工業組合福岡地区連合会
・都地 隆幸
・緒方 孝徳
・奥川 俊平
・今村 博

(6)福岡市広告業協同組合
・遠原 治朗
・田中 伸和
・吉井 誠人

(7)博多人形商工業組合
・小副川 祐二

(8)福岡市印章業組合
・上村 利成

(9)福岡市貴金属工芸組合
・石橋 康弘
・丸山 尊禄
・常岡 福則
・前崎 享一

(10)福岡市理容連絡協議会 
・鶴岡 達二
・寺田 勝次
・徳永 純子

      
      開会式(教頭あいさつ)               開会式(会長あいさつ)                開会式(講師紹介)

      
    シルバーキーホルダーづくり             シルバーキーホルダーづくり           シルバーキーホルダーづくり

      
    シルバーキーホルダーづくり             シルバーキーホルダーづくり           シルバーキーホルダーづくり

      
         ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり

      
         ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり

      
        理容技術体験                   理容技術体験                  理容技術体験

      
        理容技術体験                   理容技術体験                  理容技術体験

      
        理容技術体験                  和裁 札入れづくり                和裁 札入れづくり

      
      和裁 札入れづくり                 和裁 札入れづくり                 和裁 札入れづくり

      
       和裁 浴衣着付け体験              和裁 浴衣着付け体験               博多人形 絵付け体験

      
      博多人形 絵付け体験               博多人形 絵付け体験               博多人形 絵付け体験

      
      博多人形 絵付け体験               博多人形 絵付け体験              広告美術 横断幕づくり

      
      広告美術 横断幕づくり              広告美術 横断幕づくり               広告美術 横断幕づくり

      
      広告美術 名札づくり                広告美術 名札づくり              タイル ポットプレートづくり

      
     タイル ポットプレートづくり             タイル ポットプレートづくり             タイル ポットプレートづくり

      
     タイル ポットプレートづくり             タイル ポットプレートづくり                 印鑑づくり

      
          印鑑づくり                    印鑑づくり                    印鑑づくり

      
          印鑑づくり                    印鑑づくり               洋菓子 X'masクレープづくり

      
     洋菓子 X'masクレープづくり            洋菓子 X'masクレープづくり           洋菓子 X'masクレープづくり

      
     洋菓子 X'masクレープづくり            洋菓子 X'masクレープづくり           洋菓子 X'masクレープづくり

      
         試食タイム                    試食タイム                  表具 障子貼り体験

      
       表具 障子貼り体験                表具 障子貼り体験                表具 障子貼り体験

      
       表具 障子貼り体験                表具 障子貼り体験                閉会式(校長あいさつ)

      
       閉会式(会長あいさつ)               閉会式(講師講評)             閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成24年度 大原小学校「ものづくり体験講座」を開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
・こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
・子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
・技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第4回目は、秋も深まった、11月19日に早良区の大原小学校を訪問しました。

 開会式では、島子校長、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受け、参加児童70名は、三つのグループに分かれ「オムライス・スパゲティナポリタンづくり」「ポットプレートづくり」「ワインディング体験(パーマのロット巻き)」を体験しました。

・「オムライス・スパゲティナポリタンづくり」(清田講師他2名の実技指導)
 清田講師の軽妙な語り口と実演で「料理は楽しく」スタートしました。「簡単オムライス」では、フライパンで、先ず、オムライスの返しを練習、本番では、なかなかうまくいかず、出来上がりに「これ、オムライス?」との声もありました。
 スタッフの手順のよさや先生の協力もあって、次のスパゲッティは手早く料理できました。
 バターの香りが校舎一杯に広がる中、みんなで楽しく試食もしました。
・「ポットプレートづくり」(小重講師他4名の実技指導)
 事前に準備されたカットタイルをパズルのように台木の枠内に丁寧に貼り付ける作業から始まりました。みんな黙々と一心に取り組んでいました。要領がいる作業でしたが、一生懸命に手を掛けると出来上がりに差が出ることや、作業は綺麗にすることなど、心構えも勉強しました。
 最後に、自分の作品を持って、講師と一緒に記念撮影をしました。
・「ワインディング体験(パーマのロット巻き)」(大野講師他1名の実技指導)
 すべて女子の参加です。グループに分かれ、マネキンにロットを使って髪を巻いたり、ブローでヘアスタイルを整える体験をしました。
 講師の実技や「髪は毛先からやさしく梳くこと」など、お客様への心遣いの指導も受け、最後は、お互いをモデルに髪を編んだりしながら、仲良く取り組めました。
・体験講座の最後は、「ポットプレートづくり」「ワインディング体験」の班もおいしくスパゲティナポリタンに舌鼓を打ちました。

 今回はTNCの取材もあり、ものづくりの大切さや意義を伝えることができた一日となりました。

 閉会式では、講師講評の後、6年生の児童代表のお礼の言葉を受け、第4回目の「ものづくり体験講座」も無事終了しました。

 次回は、12月3日(月)に姪浜小学校で開催します。

                                   記

1、日 時    平成24年11月19日(月)午前9時〜12時15分

2、場 所    福岡市立大原小学校(島子眞二校長)
3、対 象   70名(6年生)

4、体験内容  オムライス・スパゲティナポリタンづくり、ポットプレートづくり、ワインディング体験(パーマのロット巻き)

5、講 師
(1)福岡県調理師連合会(洋食)
・清田 隆司
・重松 要
・有留 直紀

(2)福岡県タイル煉瓦工業会
・小重 末治
・井川 次徳
・川上 則安
・後藤 正茂
・本多 孝成

(3)福岡県美容生活衛生同業組合
・大野 義武
・井谷 有那

      
       開会式(校長挨拶)                開会式(会長挨拶)                開会式(講師の皆さん)

      
洋食づくり(オムライスとスパゲッティナポリタン)      洋食づくり(フライパンを振る練習)            洋食づくり(オムライス)

      
      洋食づくり(オムライス)              洋食づくり(オムライス)                 オムライスの完成

      
   洋食づくり(スパゲッティナポリタン)                試食タイム                    試食タイム

      
          試食タイム               タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)

      
     タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)

      
     タイル(ポットプレートづくり)              ポットプレートの完成         美容技術体験(ワインディングと編み込みヘア)

      
    美容技術体験(ワインディング)           美容技術体験(ワインディング)          美容技術体験(ワインディング)

      
         美容技術体               美容技術体験(編み込みヘア)                閉会式

      
       閉会式(講師講評)              閉会式(児童代表お礼の言葉)

○平成24年度東月隈小学校「ものづくり体験講座」を開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
・こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
・子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
・技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第3回目は、11月5日に博多区の東月隈小学校を訪問しました。

 開会式では、入江校長、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受け、参加児童85名は、四つのグループに分かれ「サンドイッチ・オムレツづくり」「ミニ畳づくり」「印鑑づくり」「理容体験」をそれぞれ行いました。

・「サンドイッチ・オムレツづくり」では、山内講師他2名の実技指導により、マスタードバターにハムやチーズにレタスなどボリュームたっぷりの「ミックスサンド」と、サンドパンにスモークサーモンやハムを巻いた「ロールサンド」が出来上がり、おいしそうに見事に盛り付けられました。「オムレツづくり」では、バターのいい香りの中、フライパンのオムレツを返すのに一喜一憂していました。
・「ミニ畳づくり」では、宮崎講師他5名から実技指導を受け、黙々と花瓶や人形を飾る「ミニ畳」を各自で縫って見事に仕上げました。その後の「畳」の手縫い作業では、講師から一人ひとり手ほどきを受けて、長い縫い針も上手に操っていました。
・「印鑑づくり」では、上村講師他1名から、「篆刻」の説明と彫刻方法の指導を受け、児童の名前一文字が書かれた印材を真剣なまなざしで彫刻していました。中には、講師も感心する出来栄えの作品もあり、出来上がると講師からみんな「篆刻体験証」をもらっていました。
・「理容体験」では、黒崎講師他2名から、日本の理容技術は国際的にも評価は高いと講義を受け、その理容技術の実演と体験をしました。
 小学校の先生をモデルに見事なカット裁きも披露され、マネキンを使った髪の巻上げ体験では、女子児童の関心は高く、将来の自分の姿も描きながら技術を真剣に学んでいました。
・体験講座の最後には、参加児童みんなでおいしくサンドイッチに舌鼓を打ちました。
 各教室には保護者も見学に訪れ、ものづくりの大切さや意義を伝えることができた一日となりました。

 閉会式では、講師講評の後、6年生の児童代表のお礼の言葉を受け、第3回目の「ものづくり体験講座」も無事終了しました。

 次回は、11月19日(月)に大原小学校で開催します。

                                   記

1、日 時    平成24年11月5日(月)午前9時〜12時15分

2、場 所    福岡市立東月隈小学校(入江誠剛校長)

3、対 象   85名(6年生)

4、体験内容  サンドイッチ・オムレツづくり、ミニ畳づくり、印鑑づくり、理容体験

5、講 師
(1)福岡県調理師連合会(洋食)
・山内 孝行
・川本 伸二
・田中 秀樹

(2)福岡県畳工業組合福岡地区連合会
・宮崎 武博
・井上 隆志
・国崎 豪士
・仙田 義道
・笠  大祐

(3)福岡市印章業組合
・上村 利成
・蓑原 義幸

(4)福岡市理容連絡協議会
・黒崎 正嗣
・山口 直美
・徳永 純子

      
          開会式                 開会式(校長あいさつ)               洋食づくり(サンドイッチ)

      
      洋食づくり(サンドイッチ)             洋食づくり(サンドイッチ)               サンドイッチの完成

      
      洋食づくり(オムレツ)                洋食づくり(オムレツ)                オムレツの完成

      
         ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                   ミニ畳づくり

      
         ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                   ミニ畳の完成

      
         印鑑づくり                     印鑑づくり                    印鑑づくり

      
         印鑑づくり                     印鑑づくり                    理容体験

      
         理容体験                     理容体験                    コテの巻き方

      
       バリカンの使い方                  前髪カットの仕方                  試食タイム

      
         試食タイム                  閉会式(会長挨拶)               閉会式(講師講評:洋食)

      
      閉会式(講師講評:畳)              閉会式(講師講評:印章)              閉会式(講師講評:理容)


    閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成24年度「小学生のものづくり体験講座」を春吉小学校で開催
◎福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、次のことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から実施しています。
・こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
・子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
・技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

◎平成24年度の第2回目は、秋も深まってきた10月31日に中央区の春吉小学校を訪問しました。

 開会式では、大城校長、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、5年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
18名の参加児童が、二つのグループに分かれ「お菓子づくり」と「掛け障子づくり」を体験しました。
 家庭科室では、長末講師の和菓子づくりの説明を受け、早速、「お菓子づくり」に挑戦しました。
 最初の蕨もちづくりでは、材料をこねて作ることに一苦労し、菓子づくりの大変さも実感していました。栗のクリームを使ってモンブランを作った後には、掛け障子づくりのグループと一緒にフルーツ大福も作るなど、盛りだくさんの体験となりました。
 図工室では、「掛け障子づくり」の体験です。
 中村、福田、小野原講師から、初めに基本のカンナの掛け方やノコの挽き方の指導を丁寧に受けていましたが、実際に道具を使ってみると、薄く削ること、真直ぐ切ることが難しいことをそれぞれ実感していました。続いて、掛け障子と組子による作品作りに取り組み、完成したときには喜びの声が上がっていました。
 短い時間でしたが、各教室には保護者も見学に訪れ、技能職者のものづくりの大切さや意義に加え、仕事の厳しさの一端も伝えることができた体験講座となりました。
 最後は、楽しく生徒全員でフルーツ大福と蕨もちを試食しました。
 閉会式では、講師講評の後、5年生の児童代表のお礼の言葉を受け、第2回目の「ものづくり体験講座」も無事終了しました。
 次回は、11月5日(月)に東月隈小学校で開催します。

                                   記

1、日 時   平成24年10月31日(水)午前9時〜11時50分

2、場 所   福岡市立春吉小学校(大城 友記校長)

3、対 象   18名(5年生)

4、体験内容  お菓子づくり、掛け障子づくり

5、講 師
(1)福岡市菓子協同組合
・長末 光正
・山下 多美子

(2)福岡市建具工業組合
・中村 政明
・福田 孝明
・小野原 三幸

      
      開会式(校長あいさつ)              開会式(会長あいさつ)               開会式(講師のみなさん)

      
     開会式(児童代表あいさつ)                お菓子づくり               お菓子づくり(わらびもちづくり)

      
    お菓子づくり(わらびもちづくり)              お菓子づくり(完成)            お菓子づくり(モンブランもちづくり)

      
   お菓子づくり(モンブランもちづくり)             お菓子づくり(完成)          お菓子づくり(父兄も大福づくりにチャレンジ)

      
    お菓子づくり(楽しい試食タイム)            お菓子づくり(感想発表)              建具づくり(カンナ削り)

      
      建具づくり(手ノコひき)             建具づくり(掛け障子づくり)             建具づくり(掛け障子づくり)

      
    建具づくり(組子なべしきづくり)                 閉会式                 閉会式(講師講評・建具)

      
     閉会式(講師講評・菓子)            閉会式(児童代表お礼のことば)

○平成24年度志賀小学校「ものづくり体験講座」を開催
  福岡市技能職団体連合会では、技能者自らが小学校に出向き、
〇こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
〇子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
〇技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。
ことを目的に、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」を平成23年度から始めました。
 平成24年度の第一弾として、秋めいてきた穏やかな9月の午後、全校児童28名の志賀小学校を訪問しました。
開会式では、山田会長のあいさつ、講師紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
参加児童は11名と少人数でしたが、熊川組合長の説明をみんな熱心に聞き入り、早速、2グループに分かれて蒲鉾づくりにとりかかりました。
「魚のミンチ」をすり鉢でするときには、参加児童に、先生、父兄や山田会長も加わり、初めての慣れない作業に悪戦苦闘していました。
しかし、次第に慣れてくると、てんぷら用のすり身の成形やストローを巻く「すぼつき」作りの場面では、みんな楽しそうに取り組んでいました。
自作の天ぷらをおいしそうに試食した後、「蒲鉾づくりで心がけていること」など、熱心な質疑応答がありました。
閉会式では、折口校長のあいさつ、講評に続いて6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、第1回目の小学生の「ものづくり体験講座」を無事終了し、さわやかな気持ちで小学校を後にしました。
次回は、10月31日(水)に春吉小学校で開催します。

                                   記

1、日 時   平成24年9月20日(木)午後1時30分〜3時30分

2、場 所   福岡市立志賀小学校(校長 折口 惠子)

3、対 象   11名(5,6年生)

4、体験内容  蒲鉾づくり

5、講 師   福岡蒲鉾水産加工業協同組合
・熊川 謙一
・小田 孝太郎
・八尋 千奈美

      
          開会式                     講師説明             さかなのミンチをすって、てんぷらづくり

      

      
                                                         すぼ付きかまぼこづくり

      
                                  試食タイム                   父兄もチャレンジ

      
         質問タイム                開会式 校長先生あいさつ               開会式 講師講評


    開会式 児童代表お礼のことば

○第4回地引網大会を開催
 平成24年8月26日、今回は糸島市の深江に会場を移し、晴天のもと、会員家族など106人が参加して恒例の地引網大会が始まった。
 10時に山田会長の挨拶の後、地引網会場の浜辺に移動。
 先ずは、600m沖に仕掛けられた地引網を巻き上げ機械で引き寄せる。網の中では魚が跳ねている。大漁の期待が高まる。
 こどもたちは待ちきれない様子で、海に入って声を上げる。
 さあ、いよいよ、参加者みんなで、二手に分かれて網を引く番だ。
 手繰り寄せた網の中は予想以上の「大漁」だ。大きなスズキをはじめ、たくさんのコノシロ、アジゴ、エソなどに歓声が上がる。
 こどもたちは、小さなタコやイカを捕まえては大喜びで、捕れた魚に興味津々の様子だ。
 通常は収穫量が100〜150kgくらいで、多いときでも300kgと聞いていたが、この日はコンテナ12箱、500kgはあるとのこと。
 ホテルまで運び、みんなで魚を仕分けするのも一苦労でした。
 勿論、クーラーボックスや袋に一杯持ち帰ることができました。

         
          山田会長あいさつ                                        地引網会場の浜辺に移動

         
                                    力をこめて・・・!                 ヨイショ、ヨイショ!

         
         いっぱい捕れたかな?                 大漁だ〜♪♪                100センチのスズキが!

         
            チヌも(^^)                   ヒラメも(^^)V             なんと、コンテナ12箱 500キロ!!

   
   大人も子供も一生懸命クーラーボックスへ♪♪

 そして、待ちに待ったバーベキューの始まりです。
 網引きで腹ペコになったおなかに、肉や野菜のほか、エビ、ホタテ、焼きそばやおにぎりをほおばり、和気あいあいとした懇親会となりました。
 スズキやチヌは早速、刺身に。やっぱり、捕れたてはうまい!
 バーベキューの焼き方の皆さん、暑い中ご苦労さんでした。大変おいしかったです。
 今年は特に、暑い日が続く中、けがや熱中症にかかることもなく、参加者の皆さんに喜んでいただき、無事に終了することができました。
 参加者からは、毎年続けてほしいとの声も聞かれ、会員同士の懇親や、子供とのふれあいも一層深まったのではないでしょうか。
 大変有意義な一日でした。  手伝っていただいた皆さん、参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

         
        長末事業部会長あいさつ                                      暑い中、ごくろうさまです(^^)ゞ

         

   
        坂本副会長シメのあいさつ 

○平成23年度高木小学校「ものづくり体験講座」を開催
“技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」の第7弾として、高木小学校で「ものづくり体験講座」を開催しました。
 当日は、晴天で風もない穏やかな天気に恵まれました。
開会式では、榊原校長先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
このあと、こどもたちは4グループにわかれ、中華料理づくり(焼き餃子、酢豚)・ミニ畳の製作・マイ箸づくりそして理容技術の実演と体験について、それぞれ体験しました。
こどもたちは、各教室で、講師からの説明や実演、直接指導を受けながら、真剣に取組んでいました。慣れるまでは少し難しいみたいでしたが、次第に楽しそうに学んでいました。体験終了後、家庭科室で、全員で焼き餃子と酢豚の試食もしました。
閉会式では、榊原校長、山田会長のあいさつに続いて、各講師からの講評があり、最後に6年生の児童代表からのお礼の言葉をいただいて、無事「ものづくり体験講座」を終わることができました。

高木小学校の「ものづくり講座」をもちまして、平成23年度の全7校の小学校の「ものづくり体験講座」を遺漏なく終わることができました。講師をしていただいた技能者をはじめ、各小学校の先生方、福岡市等、関係各位のご支援とご協力に、深く感謝申し上げます。

                                   記

1、日 時  平成24年1月30日(月)午前9時〜12時30分

2、場 所  高木小学校(校長 榊原 雅子)

3、対 象  70名(6年生)

4、体験内容 中華料理づくり(焼き餃子と酢豚)・ミニ畳製作 ・マイ箸づくり・理容技術の実演と体験

5、講 師
(1)福岡県調理師連合会
・王 和雄
・米田 稔
・稙田 州平
(2)福岡県畳工業組合
・天野 智哉
・熊丸 剛
・堤  義徳
・柿原 崇宏
・村上 峰治
・内田 恵一
(3)福岡市家具工業会
・小島 任貴
・住永 謙一
・進藤 和典
・山下 広己
(4)福岡市理容連絡協議会
・鶴岡 達二
・柴田 淳治
・浦田 幸枝

      
          開会式                      開会式                 中華料理づくり(焼き餃子)

      
    中華料理づくり(焼き餃子)              中華料理づくり(焼き餃子)             中華料理づくり(焼き餃子)

      
         ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                   ミニ畳づくり

      
       家具(マイ箸づくり)                家具(マイ箸づくり)                 家具(マイ箸づくり)

      
       家具(マイ箸づくり)               理容(カット等技術体験)              理容(カット等技術体験)

      
     理容(カット等技術体験)                   閉会式                      閉会式

○平成23年度笹丘小学校「ものづくり体験講座」を開催
 “技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」の第六弾として、笹丘小学校で「ものづくり体験講座」を開催しました。  当日は、冬の、風もない穏やかな天気に恵まれました。
開会式では、草島校長先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
このあと、こどもたちは5グループにわかれ、洋菓子づくり(シュークリーム)・コテ絵体験・起き上りふくろう作り・横断幕の仕上げと表札、名札製作そしてカンナ削り、手ノコ挽きと組子作品、掛け障子製作をそれぞれ体験しました。 こどもたちは、各教室で、講師からの説明や実演、直接指導を受けながら、真剣に取組んでいました。慣れるまでは少し難しいみたいでしたが、次第に楽しそうに学んでいました。体験終了後、家庭科室で、全員でシュークリームの試食もしました。 閉会式では、草島校長、山田会長のあいさつに続いて、こどもたちの作品紹介、各講師からの講評があり、最後に6年生の児童代表からのお礼の言葉をいただいて、無事「ものづくり体験講座」を終わることができました。 次回は、1月30日(月)に高木小学校で開催します。

                                   記

1、日 時  平成24年1月13日(金)午前9時〜12時25分

2、場 所  笹丘小学校(校長 草津 哲夫)

3、対 象  84名(6年生)

4、体験内容 洋菓子づくり・コテ絵体験・起き上りふくろう作り・横断幕仕上げと表札、名札製作・カンナ削り、手ノコ挽きと組子作品、掛け障子製作。

5、講 師
(1)(社)福岡県洋菓子協会
・三嶋 隆夫
・大庭 恵子
(2)(社)福岡市左官業組合
・岩下 恒雄
・糸瀬 秀弘
・茶圓 宏之
・海老澤 功
(3)(社)日本和裁士会福岡県支部
・手島 明彦
・齊藤 雅彦
・坂本 浩子
(4)福岡市広告美術業協同組合
・遠原 治朗
・吉井 誠人
・岩瀬 利光
(5)福岡市建具工業組合
・中村 政明
・釋 清治
・福田 孝明
・井上 敏昭
・高木 信夫

      
         開会式                   開会式(講師の皆さん)              開会式(校長あいさつ)

      
      開会式(会長あいさつ)             開会式(児童代表あいさつ)            洋菓子づくり(シュークリーム)

      
    洋菓子づくり(シュークリーム)            洋菓子づくり(シュークリーム)          洋菓子づくり(シュークリーム作り)

      
    洋菓子づくり(シュークリーム)           洋菓子づくり(シュークリーム)              左官(コテ絵体験)

      
       左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)                左官(コテ絵体験)

      
   和裁小物づくり(起き上がりふくろう)         和裁小物づくり(起き上がりふくろう)        和裁小物づくり(起き上がりふくろう)

      
   和裁小物づくり(起き上がりふくろう)        広告美術(横断幕仕上げ・名札づくり)        広告美術(横断幕仕上げ・名札づくり)

      
  広告美術(横断幕仕上げ・名札づくり)        広告美術(横断幕仕上げ・名札づくり)        建具(カンナ削り・掛け障子づくり等)

      
  建具(カンナ削り・掛け障子づくり等)          建具(カンナ削り・掛け障子づくり等)        建具(カンナ削り・掛け障子づくり等)

      
   建具(カンナ削り・掛け障子づくり等)              閉会式(講師講評)                    閉会式

○平成23年度城南小学校「ものづくり体験講座」を開催
 “技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き、小学生にものづくりを直接指導する「ものづくり体験講座」の第五弾として、城南小学校で「ものづくり体験講座」を開催しました。  当日は、初冬の穏やかな天気に恵まれました。 開会式では、越智石校長先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。 このあと、こどもたちは7グループにわかれ、洋菓子づくり(サブレ)、コテ絵体験、シート切り文字体験、キーホルダーづくり、ホットプレートづくり、パーマ巻き体験、そしてミニ畳づくりをそれぞれ体験しました。 こどもたちは、各教室で、講師からの説明や実演、直接指導を受けながら、真剣に取組んでいました。慣れるまでは少し難しいみたいでしたが、次第に楽しそうに学んでいました。体験終了後、家庭科室で、全員でサブレの試食もしました。 閉会式では、越智石校長、山田会長のあいさつに続いて、各講師からの講評があり、最後に6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、無事「ものづくり体験講座」を終わることができました。次回は、来年1月13日(金)に笹丘小学校で開催します。

                                   記

1、日 時  平成23年12月05日(月)午前9時〜12時15分
2、場 所  城南小学校(校長 越智石 光)
3、対 象  136名(6年生)
4、体験内容
洋菓子づくり、コテ絵体験、シート切り文字体験、キーホルダーづくり、ホットプレートづくり、パーマ巻き体験、ミニ畳づくり
5、講 師
(1) (社)福岡県洋菓子協会
・杉岡 昭夫
・山本 一大
(2)(社)福岡市左官業組合
・岩下 恒雄
・橋本 喜久雄
・倉田 秀夫
・青山 高久
(3)福岡市広告美術業協同組合
・遠原 治朗
・藤田 憲司
・岩瀬 利光
(4)福岡市貴金属工芸組合
・大嶌 政隆
・石橋 康弘
・丸山 尊禄
・常岡 福則
・前崎 享一
(5)福岡県タイル煉瓦工業会
・坂本 隆生
・岩野 忠喜
・小重 末治
・池渕 敏和
・川上 則安
・後藤 正茂
・野間 勝則
(6)福岡県美容生活衛生同業組合
・古門 芳浩
・中島 里美
(7)福岡県畳工業組合
・都地 隆幸
・奥川 俊平
・平田 幸雄
・柳田 幹生

       
       開会式(会長あいさつ)                   開会式                開会式 (児童代表あいさつ)

       
      タイル ポットプレート作り              タイル ポットプレート作り             タイル ポットプレート作り

       
      タイル ポットプレート作り              タイル ポットプレート作り            広告美術 シート切り文字体験

       
     広告美術 シート切り文字体験           広告美術 シート切り文字体験           広告美術 シート切り文字体験

       
     広告美術 シート切り文字体験             美容 パーマ巻き体験等             美容 パーマ巻き体験等

       
       美容 パーマ巻き体験等              美容 パーマ巻き体験等             美容 パーマ巻き体験等

       
        洋菓子 サブレ作り                洋菓子 サブレ作り                 洋菓子 サブレ作り

       
        洋菓子 サブレ作り                 洋菓子 サブレ作り                左官 コテ絵体験

       
        左官 コテ絵体験                  左官 コテ絵体験                  左官 コテ絵体験

       
        左官 コテ絵体験                貴金属 キーホルダー作り             貴金属 キーホルダー作り

       
      貴金属 キーホルダー作り             貴金属 キーホルダー作り            貴金属 キーホルダー作り

       
         畳 ミニ畳作り                   畳 ミニ畳作り                   畳 ミニ畳作り

       
          畳 ミニ畳作り                   閉会式                 閉会式(越智石校長あいさつ)

       
        講師講評(洋菓子)                 講師講評(左官)                講師講評(広告美術)

       
        講師講評(貴金属)                講師講評(タイル)                 講師講評(美容)

       
         講師講評(畳)                児童代表お礼のことば

○平成23年度有住小学校「ものづくり体験講座」を開催
“技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き小学生にものづくりを直接指導する新たな試みの、第四弾として有住小学校「ものづくり体験講座」を開催しました。
 当日は、秋の穏やかな天気に恵まれました。
開会式では、松島校長先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
 このあと、こどもたちは3グループにわかれ、洋菓子づくり(クレープづくり)、ホットプレートづくり、そして掛け障子づくりをそれぞれ体験しました。
 こどもたちは、各教室で、講師からの説明や直接指導を受け、真剣に取組んでいました。少し慣れてきて次第に緊張もほぐれてくると、元気な声も出しながらのびのびと、学ぶことを楽しんでいました。体験終了後、家庭科室で、全員クレープの試食もしました。
 閉会式では、松島校長、坂本副会長のあいさつに続いて、グループごとにこどもたちからの感想と各講師一人ひとりの講評があり、最後に6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、無事「ものづくり体験講座」を終わることができました。次回は、12月05日(月)に城南小学校で開催します。

                                   記

1、日 時  平成23年11月09日(水)午前9時〜12時15分
2、場 所  有住小学校(校長 松島 文城)
3、対 象  32名(6年生)
4、体験内容 洋菓子づくり、ホットプレートづくり、掛け障子づくり
5、講 師
(1)(社)福岡県洋菓子協会
・金子 久幸
・岡崎 暎子
・合瀬 千夏
(2)福岡県タイル煉瓦工業会
・坂本 隆生
・岩野 忠喜
・小重 末治
・池渕 敏和
・川上 則安
(3)福岡市建具工業組合
・中村 政明
・釋 清治
・福田 孝明
・井上 敏昭
・小野原 三幸

       
           開会式                      開会式                   開会式 (講師紹介)

       
         開会式 (講師紹介)                開会式 (講師紹介)             開会式 (児童代表あいさつ)

       
       洋菓子(クレープづくり)              洋菓子(クレープづくり)               洋菓子(クレープづくり)

       
       洋菓子(クレープづくり)              洋菓子(クレープづくり)               洋菓子(クレープづくり)

       
       建具(掛け障子づくり)                建具(掛け障子づくり)               建具(掛け障子づくり)

       
       建具(掛け障子づくり)                建具(掛け障子づくり)               建具(掛け障子づくり)

       
      タイル(ポットプレートづくり)            タイル(ポットプレートづくり)             タイル(ポットプレートづくり)

       
           閉会式                      閉会式                閉会式(児童代表お礼のことば)

 
           閉会式

○平成23年度東箱崎小学校「ものづくり体験講座」を開催
 “技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き小学生にものづくりを直接指導する新たな試みの、第三弾として東箱崎小学校「ものづくり体験講座」を開催しました。  当日は、秋の穏やかな天気に恵まれました。
 開会式では、若尾校長先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
 このあと、児童たちは4グループにわかれ、洋食づくり(サンドウィッチづくり)、コテ絵体験、ミニ屏風づくり、そして美容(パーマ巻き体験)をそれぞれ体験しました。 児童たちは、講師からの説明や直接指導を受け、慣れるまでは戸惑い気味でしたが、次第に緊張もほぐれてくると元気な声も出しながら、楽しそうにのびのびと、ものづくりに集中して取り組んでいました。体験終了後、家庭科室で、全員でサンドウィッチの試食もしました。 閉会式では、山田会長のあいさつに続いて、グループごとに、こどもたちからの感想と各講師一人ひとりの講評があり、最後に6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、無事、「ものづくり体験講座」を終わることができました。 次回は、11月09日(水)に有住小学校で開催します。

                                   記

1、日 時  平成23年11月07(月)午前9時〜12時15分
2、場 所  東箱崎小学校(校長 若尾 勉)
3、対 象  77名(6年生)
4、体験内容 洋食づくり、コテ絵体験、ミニ屏風づくり、美容(パーマ巻き体験)
5、講 師
(1)福岡県調理師連合会
・山内 孝行
・西村 正美
・林田 丈嗣
(2)福岡市左官業組合
・岩下 恒雄
・児玉 俊弘
・高柳 近
・橋本 喜久雄
(3)福岡表具師協会
・安藤 正夫
・井浦 巖
・合屋 善克
(4)福岡市理容連絡協議会
・中嶋 里美
・古門 佳浩

       
            開会式                     開会式                      開会式

       
            開会式                  左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)

       
         左官(コテ絵体験)                左官(コテ絵体験)                 左官(コテ絵体験)

       
       美容(パーマ巻き体験等)             美容(パーマ巻き体験等)             美容(パーマ巻き体験等)

       
       美容(パーマ巻き体験等)             美容(パーマ巻き体験等)              表具(ミニ屏風づくり)

       
        表具(ミニ屏風づくり)               表具(ミニ屏風づくり)               表具(ミニ屏風づくり)

       
        表具(ミニ屏風づくり)              調理(サンドウィッチづくり)            調理(サンドウィッチづくり)

       
      調理(サンドウィッチづくり)             調理(サンドウィッチづくり)            調理(サンドウィッチづくり)

       
      全員でサンドウィッチの試食            全員でサンドウィッチの試食            全員でサンドウィッチの試食

       
           閉会式                  閉会式(児童感想 美容)             閉会式(児童感想 調理)

       
       閉会式(児童感想 表具)              閉会式(児童感想 左官)              閉会式(講評 美容)

       
        閉会式(講評 調理)                閉会式(講評 表具)               閉会式(講評 左官)

○平成23年度千早小学校「ものづくり体験講座」を開催
“技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き、小学生にものづくりを直接指導する新たな試みの第二弾として、千早小学校「ものづくり体験講座」を開催しました。
 当日は、秋の穏やかな天気に恵まれました。
 開会式では、阿利教頭先生と山田会長のあいさつ、講師の紹介のあと、6年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
 このあと、児童たちは4グループにわかれ、中華料理(餃子づくり等)、ミニ畳づくり、印鑑づくり、そして理容(マネキンでのカット等体験)をそれぞれ体験しました。
 児童たちは、慣れるまでは戸惑い気味でしたが、元気な声も出しながら、楽しそうにのびのびと、ものづくりに集中して取り組んでいました。体験終了後、家庭科室で、全員で餃子の試食もしました。
 閉会式では、各講師からは「ものづくりへの態度や姿勢がすばらしい。」等の講評があり、続いて6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、無事、「ものづくり体験講座」を終わることができました。
 次回は、11月07日(月)に東箱崎小学校で開催します。

                                   記
1、日 時
平成23年10月24(月)午前9時〜12時10分
2、場 所
千早小学校(校長 上野 通子)
3、対 象
80名(6年生)
4、体験内容
印鑑づくり(篆刻)、中華料理(餃子づくり)、ミニ畳づくり、理容(マネキンでのカット等体験)
5、講 師
(1)福岡市印章業組合  ・上村 利成
(2)福岡県調理師連合会 ・王 和雄・米田 稔・植田 州平
(3)福岡県畳工業組合 ・宮崎 武博・国崎 豪士・笠 大祐・井上 隆志・千田 義道
(4)福岡市理容連絡協議会 ・丸山 茂・鶴岡 達二・浦田 幸枝・樋渡 一行

       
      開会式 (教頭先生あいさつ)              開会式 (会長あいさつ)             開会式 (児童代表あいさつ)

       
         焼き餃子づくり                   焼き餃子づくり                  焼き餃子づくり

       
         焼き餃子づくり                   焼き餃子づくり                  焼き餃子づくり

       
          ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり                    ミニ畳づくり

       
          ミニ畳づくり                    印鑑づくり                     印鑑づくり

       
           印鑑づくり                    印鑑づくり                     理容体験

       
           理容体験                     理容体験                     理容体験

       
      閉会式 (校長先生あいさつ)              閉会式 (講評 調理)                閉会式 (講評 畳)
 
       
        閉会式 (講評 理容)               閉会式 (講評 印章)             閉会式 (児童代表お礼のことば)

  
     閉会式 (児童代表お礼のことば)

○平成23年度能古小学校「ものづくり体験講座」を開催
 “技能者による熟練の技を通じて、こどもたちにものづくりの大切さや尊さを理解してもらい、ひいては、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る”ために、技能者自らが小学校に出向き、小学生にものづくりを直接指導する新たな試みの第一弾として、能古小学校「ものづくり体験講座」を開催しました。
 秋霞がうっすらたなびく波穏やかな博多湾を、姪浜8時発の能古渡船で、坂本副会長はじめとする技能者の方々とスタッフは、能古小学校に向かいました。  開会式では、富永校長先生と坂本副会長のあいさつ、講師の紹介のあと、5年生の児童代表の歓迎のあいさつを受けました。
 このあと、児童たちは3グループにわかれ、印鑑づくり、ホットプレートづくり、そして花壇づくりにとりかかりました。
 最初は、児童たちも、慣れない手仕事に戸惑い気味でしたが、次第に慣れてくるにつけ、声も出るようになり、ものづくりに楽しく集中して取り組んでいました。  閉会式では、各講師からは「君たちの、ものづくりへの態度や姿勢がすばらしいし、技能への順応も早いのに感心した。」等の講評があり、続いて6年生の児童代表のお礼の言葉をいただいて、無事、初めての小学生の「ものづくり体験講座」を終わることができました。  次回は、10月24日(月)に千早小学校で開催します。

1、日 時
平成23年10月12日(木)午前9時〜11時40分

2、場 所
福岡市立能古小学校(校長 富永 和利)

3、対 象
22名(5,6年生)

4、体験内容
印鑑づくり(篆刻)、ホットプレートづくり、花壇づくり

5、講 師
(1)福岡市印章業組合(上村 利成)
(2)福岡県タイル煉瓦工業会(坂本 隆生/池渕 敏和/岩野 忠喜/後藤 茂光/小重 末治)
(3)(社)福岡県樹芸組合連合会福岡支部(福田 茂利/神代 公治)

       
           開会式                      開会式                     開会式

       
           開会式                 タイル・ポットプレートづくり             タイル・ポットプレートづくり

       
      タイル・ポットプレートづくり                   完成                     印鑑づくり

       
           印鑑づくり                    印鑑づくり                     完成

       
         造園・花壇づくり                  造園・花壇づくり                 造園・花壇づくり

       
        造園・花壇づくり                     完成                       閉会式

 
           閉会式

TOPページへ
一般社団法人 福岡市技能職団体連合会
〒812-0044 福岡市博多区千代2丁目21番13号
TEL 092(631)7320 FAX 092(631)7321